サプリを飲み込む瞬間にあたって

ごちそうの後にサプリとしておるという人は多いようです。サプリを呑むのに合う時間は、果していつの主旨なのでしょう。多くのサプリでは、呑む時間が明確には制約はされていません。そのため、何時飲めばいいか決断がつかないという人もある。食材として販売されているサプリは、薬と異なり、呑む期間が制約陥るような類のものではないとされてるわけです。ただし、摂取する素材の資質にて、最適な飲用タイミングがあるのは事実です。サプリは一度に一日に摂取する全量を飲み込むではなく、2、3回に分けて呑むものです。その上で、カルシウムやマグネシウムなどのアルカリ性サプリは、ごちそうの中途や、ごちそうが終わってから2~3時間後に摂取するといいでしょう。ごちそうが終わって一気に飲むと、胃酸でサプリが緩和陥るためです。それ以外のサプリは、食後に摂取する戦略が目安だ。食後にこだわらず、ごちそうの中途も、ごちそうものの飲用であればサプリとしては問題ありません。こういう呑み方をするのは、マグネシウムやカルシウムを含むミネラルサプリメントだ。また、脂溶性ビタミンのビタミンA、D、K、DHAやコエンザイムQ10なども、食後かごちそう中央がいいでしょう。体内への吸収をしやすくするには、脂溶性の栄養分を、脂質を含むごちそうって間をおかずに摂取することです。サプリの資質を確認し、ごちそうの先や以下など飲用時点をチェックしておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ