シェイプアップとリバウンドについて

減量する場合どんな人でも心配なのがリバウンドして以前より太って仕舞うことです。何が原因で、減量をするとリバウンドしやすいのでしょう。リバウンドは減量した者であれば多かれ少なかれ誰でも経験する問題です。リバウンドとは、減量で減らした分のウエイトが元通りになってしまったり、それ以上に太って仕舞うという落ち込みだ。リバウンドと減量を交互に繰り返していると、痩身の効率が悪くなって、痩せ辛い慣例になる。なぜ減量するとリバウンドは見つかるのでしょうか。リバウンドは人物が持つ事情のゆらぎに適応する技術だ。体躯からすれば、痩身が目的であるということは知りませんから、急に食物嵩が薄くなれば、一時的な迷惑が発生していると解釈します。人間の体は生命入庫のためにはじめて事情のゆらぎに対応しようと、短いカロリーでも生活できるようにエナジー出金嵩を切り落としたり、ウエイトの急性ゆらぎをおさえたりする。初めてこの状態になってしまうと、途中で急に減量を中断して、元通りの食物嵩に戻してしまうと、同時に体重が増えてリバウンドする。減量を続けていると、ある時急に、体重の減少が鈍化します。棄権中に諦めて減量を断念せず積み重ねる結果リバウンドを防げるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ