ヒアルロン酸注入による豊胸

ヒアルロン酸注入による豊胸は、体にも負担が少なく、日帰りでできるプチ豊胸として人気がありますがデメリットはあるのでしょうか。人の体には、もともとヒアルロン酸をつくる機能がありますので、ヒアルロン酸を注入しても副作用等はありませんが、それでもリスクはあります。一時的にヒアルロン酸に対する拒否反応が起こることがありますので、何か違和感があった場合には、すぐ医師に相談しましょう。人間の体は新陳代謝が行われていますので、ヒアルロン酸を注入しても、徐々に分解されて体外に出されてしまいます。ヒアルロン酸を注入して豊胸を行った場合、効果は永遠に続くものではないことを理解しておく必要があります。体の中で、ヒアルロン酸が吸収されるまで2、3年かかります。粒子の細かいものだと1~2年だそうです。もしも、時間がたって大きくしていたバストが小さくなってしまったなら、再度、ヒアルロン酸の注入手術をしなければなりません。副作用はほとんどありませんが、費用はかかってしまいますのでよく理解したうえでヒアルロン酸注入による豊胸手術を受けることが大切です。希望どおりの形やサイズでヒアルロン酸を注入してもらえるかどうかは、そのクリニックの持っている技術や症例経験に左右されます。イメージどおりの豊胸が可能になるかどうかは、正しい部位に、正しい量のヒアルロン酸が注入できるかにかかっています。ヒアルロン酸を注入することで得られる豊胸効果は、いい面もありますが、注意しなければならないこともありますので、事前に情報を確認しておくことが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ