中小企業への分割払いを行う金融機関

銀行や月賦組合から貸付を受け、源資金としている中小企業はたくさんあります。銀行に貸付の申し込みをすることは、中小企業にとりまして非常に大変なことだ。銀行からの貸付を受けられないと、その中小企業は社員に年収が支払えなくなったり、人物への決済を滞らせ、場合によっては倒産に関しても起きてしまいます。銀行は、どういった要件で貸付縁を決定しているのでしょう。基本とのぼるものは、経済庁が提示した経済診断手順だ。バブル期に破たんをした銀行があったことから、今では、銀行であってもある程度の自分資本比率を持たなければいけなくなりました。銀行は、経済診断手順において探査をするため、自分資本比率を守ろうとする。経済診断手順では、貸付を行っている中小企業をいくつかの段階に分けて格付けされます。破たん監視縁、実質破たん縁、円滑縁、要注意先の四フェイズだ。金融機関は、心配の大きいポイントは、貸付を突っ撥ねるなどの対策を取るようになりました。逆に言えば、おっきい格付けがなされた中小企業は、貸付を受けやすくなったわけです。監視現状が安定している中小企業の場合は、希望した金どおりの貸付が受けられたり、利回りが低く設定してもらえたりする。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ